上野駅徒歩2分の歯医者。稲荷町、御徒町からもアクセスしやすい歯科医院です。虫歯、歯周病など急な痛みにも迅速に対応します。

ブリッジ
bridge

ブリッジ治療について

失った歯が1本から数本の場合、ブリッジがもっとも一般的です。
ブリッジは失ってしまった歯の両隣の歯を削ってクラウンを被せ、失った歯(欠損歯)の代わりになる人工の歯をつないで、橋の様にする処置のことをいいます。固定式であるため、装着しても違和感がありません。

しかし、両隣の歯が健康な場合でも削る必要があるため、支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失う原因になる場合があります。
また、欠損本数、欠損部位、土台になる歯の状態によってはできない場合もあります。
このようにブリッジにはメリット、デメリットがありますので、治療について患者さんとよく話し合い一番最適な治療を行います。

前歯ブリッジ

臼歯ブリッジ

素材の種類

クラウン(FMC)
【保険適用】

保険でできるブリッジです。
安価で治療ができますが、金属色が目立ったり、長年の使用による黒ずみなどの変色が起きたりします。

素材
保険適用の金属(パラジウム)
強度
金属なので硬い
色調
審美性に欠ける
耐変色
長年の使用で黒ずむ

ハイブリッド
クラウン

プラスチックの硬さとセトモノの美しさを合わせ持った白い歯です。天然の歯と同じぐらいの硬さなので噛み合う歯にも安心です。

素材
プラスチックとセトモノの複合素材+金属
強度
天然歯と同じくらいの硬さ
色調
天然歯と比べてほとんど同じ
耐変色
長年の使用で着色・変色する場合がある

メタルボンド
クラウン

金属の上にセトモノを盛り、焼き付けて製作した白い歯です。金属を最小限に隠す事ができ、つや感もあるので、美しい見た目です。強度と精密性もあるので比較的需要のある被せ物です。

素材
セトモノ+専用金属
強度
天然歯と同じくらいの硬さ、ツヤ感がある
色調
天然歯と比べてほとんど同じ
耐変色
着色・変色がない

オールセラミック
クラウン

金属を使わず、セトモノで製作した白い歯です。金属不使用のため、身体にも優しく安心して使用できます。ハイブリッドやメタルボンドよりも透明感があり、長年使用しても変色がありません。現在最も自然な美しさを再現できる被せ物です。

素材
セトモノ製のセラミック
強度
天然歯と同じくらいの硬さ、透明感がある
色調
天然歯と比べてほとんど同じ
耐変色
着色・変色がない